Bruce Weber (ブルース・ウェーバー) Let's Get Lost スウェット

ブルースウェバーは、80年代に開始されたカルバン・クラインの一連の広告キャンペーンで一躍有名になったファッション写真家です。
性開放、女性開放、ゲイの権利運動が社会に浸透していなかった当時、アンダーウェアー写真を通して具体化した彼の出現で、ファッション写真のシーンに革命を起こしました。
従来ファッション写真は、広告主や編集者が強い影響力を持って制作に関わっていました。しかし彼の成功で広告主や編集者が写真家のオリジナリティーを認め、より自由裁量を与えるようになりました。
彼の作品の魅力は、モデル、ロケーションの巧みなチョイスとモノクローム写真で 80〜90年代の時代の気分に合致した理想像を作り上げている点であると思います。
彼の初期の写真集は人気が非常に高く、"Bruce Weber" Twelvetree Press 1983、 "O Rio de Janeiro" Knopf NY 1985、"Bear Pond" Bulfinch 1990などはプレミアムがついて7〜10万円と高価です。
多くの本がありますが、真にコレクターに評価されているのは80年代に刊行された写真集です。

このスウェットは、ブルース・ウェーバー本人が監督となり、白人ジャズミュージシャンであるチェット・ベイカーの半生を描く1988年のドキュメンタリー映画『Let's Get Lost』のオリジナルスウェットです。

Tシャツも大変貴重ですが、スウェットは更に玉数も少なく貴重かと思います。

フロント・バックに彼の写真が大胆且つ贅沢にプリントされています。
左袖にも文字がプリントされています。

大変存在感の強い商品です。

全体的に少々着用感があり、所々に小さな毛玉などが付着しています。
また、あまり気にならないと思いますが、所々に薄いシミなどもあります。

この商品を探していた方にはきっと満足していただけるコンディションと自負しております。

ビンテージTシャツ収集家達の間でも大変有名な逸品ですし、非常に貴重な商品で、ほとんど市場に出回ることのない一枚です。


ボディ:FRUIT OF THE LOOM

MADE IN USA

素材:コットン50%、ポリエステル50%

サイズ:L
身幅:約56cm
着丈:約59cm
袖丈:約62cm




1111001
販売価格 0円(税抜)
SOLD OUT

Top